※language translation

卸登録
1-1
1-1
1-2

カテゴリー

  • 初心者
  • mod本体
  • アトマイザー
  • フレーバーリキッド
  • アクセサリ・その他
  • コイル
秋葉原リンク 山梨リンク 松本リンク 宇都宮リンク 仙台リンク 郡山リンク 山形リンク 浜松リンク vapevillageリンク 不忍カフェリンク H-LINE
2018年 04月
vapevillageリンク

掲載Content

 
E-リキッドについて
E-リキッド,E-juice,vapeを楽しむ上ではとても重要な要素の一つです。
どのフレーバーを選ぶかによって、vapeの楽しさは全く変わってしまいます。
ここでは、E-リキッドの中身(ベースとなる成分)について少しご説明いたします。

皆さんは、E-リキッドを探している際に、PGやVGなどの用語を見た事がありませんか?
実はこのPGやVGというのがリキッドのベースです。
それではまずPGから説明します。


 
PGって何?
PGとは、プロピレングリコールのことで、VAPEのリキッドの中ではもっとも使われているベースのことです。
 
  • ●無色無臭のやや粘稠な液体で、人体に殆ど無害です。
  • ●血管に入れても害がないとされています。
  • ●医薬品や化粧品、麺やおにぎりの品質改善剤などに用いられています。
  • ●有機物ではない化学製品なので、アレルギー反応などは起きないとされています。
  • ●フレーバーの乗りがよいとされています。
 
VGって何?
●VGとはベジタブル(植物性)グリセリンの略です。
●PGでアレルギーを起こした人でも、VGを使用する事でアレルギーが起きない場合があります。
●PGの代用としてリキッドベースに使用されるが、PGへの添加という意味合いが強い。
●PGよりも多くの蒸気が発生するという特徴があります。

VGの精製方法は5種類あり、そのため銘柄によってはアレルギーや拒否反応が起きることがあります。
●一般的にPGよりも安全性が高いと言われている。

VGはPGに比べて自己殺菌効果が低いため、長期保存をするためには亜硫酸塩を加えると良いとされています。

以上がリキッドのベースとなる物質です。
いづれも人体には無害とされ、PGは肺移植患者の吸引薬にも使用されていたりもします。
また、PEGというものもありますが、こちらの説明はまたの機会にでも説明しようかと思います。

結局のところ、どちらのベースのリキッドでも安全で、選ぶにあたっては一長一短があるので自分の好み次第です。


リキッドの保存方法
●冷暗所(冷蔵庫の野菜室やワインセラー)にての保存。
●子供の手の届かない場所。

ただし、開封後のリキッドの長期間の保存は変色や風味の変化も考えられます。
なるべくお早めにお使い下さい。
夏場など気温が高い時期などは特にご注意ください。
 
当店のここがおすすめ!!!
近年ではリキッドの開発技術も進みさまざまな味のリキッドが商品化されています。
自作でのリキッドも含めるとその数は無限に存在。
そんな中から自分にあった好みのリキッドを探すのは大変です。
でも大丈夫!!!
当店では200種類以上のリキッドを無料でテイスティングOK!!
気になるリキッドがあったらぜひ当店まで!!